一生に一度の結婚式の思い出をアルバム写真に残す意味とは

SITEMAP

キス

結婚写真はカメラマンに撮ってもらおう

結婚式は人生に何度もあるものではありません。
そんな特別な1日は、普段の写真撮影とは違う記念の1枚になります。現在、携帯電話のカメラ機能がとても進化しているので、友人や家族が撮影してくれた携帯の写真でも綺麗に撮影が出来ます。私は結婚式にお金は掛けたくないタイプで、携帯の写真で十分だと思っている1人でした。ただでさえお金のかかる結婚式に、カメラマンやアルバムにお金を出すという考えすらありませんでした。
しかしながら私は式場のサービスでカメラ代がタダになり、カメラマンに当日写真を撮っていただけることになりました。
そして撮影してもらった写真を見てみると、友人が撮影してくれた写真は角度や人物の大きさは違えど、大した差はありませんでした。カメラマンに撮影してもらった写真は、私がメイクしてもらっている準備段階の写真や親族紹介の様子、挙式中には友人たちが撮影できないような距離感ですごく特別な1枚でした。
なにより違ったのが、友人と一緒に写っているものが大きく違いました。友人が撮影してくれたものは全てキメ顔といいますか、ピースをしていたり撮影用の顔で写っているのです。カメラマンの写真は撮影用で写る顔と自然体で皆と話す姿、普段の関係を表しているような姿が多く写っていました。
その写真を見て、やはり結婚式などの記念写真はプロにお願いするのが1番だと感じました。特別な1日の為に、少しお金をかけてはいかがですか?

イメージが大事!満足できる結婚写真を

結婚式では、今までにないくらいきれいに着飾って、たくさんの人に祝福されて未来を共にする人と誓いを立てる……。ずっと輝いて一生忘れられない思い出になるでしょう。結婚写真は、そんなあたたかい気持ちを思い出させてくる大切なものです。自分たちだけではなく、両親や将来子どもができたときに話して聞かせるのも絆が深まるでしょう。
そんな結婚写真を撮るときに重要なのは構図だと思います。結婚式当日は招待した人たちと話したり、お色直しをしたりとなかなか思うように動くことはできないと思います。そのため、あらかじめイメージしておくのはとても大切です。せっかく気に入ったドレスや着物を着ているのです。デザインもしっかり全体が写るようにするのがよいでしょう。
プロのカメラマンに頼むときは、式や披露宴の間の笑顔などのアップの他に、ただまっすぐ立っているだけ以外の全体を写した写真をお願いすれば自然な写真が残り、あとでより具体的に思い出すことができると思います。
もし結婚式会場を下見した時に、気に入った場所があればそこで写真を撮りたいと伝えるのも手です。
様々な背景で写真をたくさん残しておくことが、後悔がないと思います。お色直しなど着替えるたびにきちんと全身の写真を撮ると、こういうすてきな物を着たんだと胸が躍った思い出として残ると思います。どこでどういう風に写りたいかを具体的にイメージし、思い通りの結婚写真を残しましょう。

お子様も一緒に撮る結婚写真がお勧めです

結婚式の形式は多種多様になってきていますね。そんな中でも、写真だけの結婚式、という方法をとる方も増えています。
式にかかる値段を抑えたいからという理由の人も多いでしょうし、結婚したときには式を挙げられなかったけれど、やっぱりウエディングドレスを着たい、という理由の方もいるでしょう。そんな結婚式の写真を撮るときに、2人だけでなく、家族も一緒に写真を撮るというのもお勧めです。特に、お子様が産まれて落ち着いてから結婚式の写真を撮るという方は、お子様も一緒に写真を撮れると素敵ですね。
お子様と一緒に写真を撮るメリットは大きく2つあります。1つはリラックスして写真を撮ることが出来るということです。もちろん、結婚写真を撮るカメラマンはプロですから緊張をほぐしていい写真を撮ってくれますが、そこにお子様が加わることでさらに素敵な笑顔が加わったり、暖かい雰囲気が出てきます。もう1つはお子様の成長も一緒に残すことが出来るということです。主役はとられてしまうかもしれませんが、大事なお子様の成長も残せるのはいいですね。
さらにお子様も一緒に結婚写真を撮る場合、お子様もとびっきりドレスアップするのがお勧めです。赤ちゃんのうちのドレス姿やタキシード姿もとってもかわいいですし、少し成長したお子様のドレスアップ姿も素敵ですよ。

最高の笑顔を結婚写真に!

これから結ばれる二人の一番の輝きを撮り置くのが、結婚写真です。あふれんばかりの笑顔を写す挙式の写真。緊張と喜びと覚悟の混じった様子の結婚写真は、その時でないと撮れません。二人を祝福する家族、親族、友人皆様の表情も、これからのふたりの大切な宝物です。また、前撮りや後撮りというものもあります。当日身に着けるドレスとは別の物を着用できますし、ドレスだけでなく和装に着替えての写真撮影もできます。時間も当日に比べゆとりがありますので、いろいろなポーズや、違った角度からの撮影ができますし、表情にもゆとりがあり、ごく自然な雰囲気で思い出を残すことができます。 そして、あとでゆっくりと写真選びもできます。さらにロケーションも自由に選ぶことができます。チャペルであったり、庭だったりと好きなところで撮影することも可能です。さらに、季節や国を思いのままに選択できることもあります。ただし、これはカメラマンとの契約などが、可能な場合です。妊娠中であったり、挙式はしなくてもいいが、写真だけは残したいなど、二人の考え方次第で、写真だけの結婚もあります。二人だけの写真ではなく、大切な人や可愛いペットと一緒に、大事な時間を共有した一枚の写真もよいのではないでしょうか。二人にとって、かけがえのない大事な時の写真です。どのように結婚写真を残しますか。

TOP